MENU

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • トピックス
  • カタログの請求

耐久・性能テスト

キャスターの性能を保証するため下記のような試験を行っています。

掲載数値はサンプル例でありキャスター個々によって異なります。

静荷重試験

キャスターの全高や車輪径の歪量を測定しながら異常の発生を確認するまで、設定荷重の負荷及び除荷を繰り返し行います。

耐荷重性能の目安データとなります。

試験方法

右の図の様にキャスターを固定し、負荷を一定に3分間加える。負荷を取り除き3分後に各たわみを測定する。次回から負荷を増し、くり返し試験を行う。

試験機

島津製作所:精密万能試験機オートグラフ AG-50kN Xplus形

試験結果例

落錘衝撃試験

キャスターの全高や車輪径の歪量を測定しながら異常の発生を確認するまで、設定高さからの錘りの自然落下を繰り返し行います。

試験方法

キャスターを右の図の様に固定し、錘を任意の高さより落下させ、各たわみを測定する。

異常がなければ高さを増して、くり返し試験を行う。

試験機

自社製衝撃試験機

試験結果例

直進走行試験

任意の荷重(主にカタログ許容荷重の1.5倍)を負荷し、断続的に鉄製ドラム上を走行させます。

主に車輪の試験となりますが、ドラム上に突起を設けることにより乗り換え走行試験も出来、旋回部への影響もみることができます。

試験方法

右の図の様に円周2mの鉄製回転ドラムの上にキャスターを取付け、キャスターに設定負荷をかけ、毎時2kmの速さで3分間走行後2分間停止を繰返しながら行う。但し送風による冷却を行う事とする。

試験機

自社製走行試験機

試験結果例

キャスターの全走行距離:約30km

1分間の走行距離:約33.3m

1分間のキャスターの回転速度:約53

判定

旋回部の状態
車輪の外周・内部
車輪の状態

始動力・旋回始動力試験

2種の設定荷重負荷時の最大引張力を測定し、始動時及び旋回始動時のそれぞれの傾向を見ます。

(旋回始動力は、前方の自在キャスターについて進行方向に対し90°外を向いた状態からの最大引張力を測定します。)

試験結果例

始動力(daN)
荷重\回数 1 2 3 4 5 平均
回転抵抗係数≡始動力÷荷重 回転抵抗係数≡0.0070
300 1.85 1.95 2.10 2.10 2.10 2.02
500 3.65 3.60 3.65 3.55 3.60 3.61
旋回始動力(daN)
荷重\回数 1 2 3 4 5 平均
回転抵抗係数≡始動力÷荷重 回転抵抗係数≡0.0263
300 7.50 8.00 7.70 7.70 7.70 7.72
500 13.25 12.75 14.50 14.00 12.75 13.45