MENU

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • トピックス
  • カタログの請求

使用上のご注意、点検・保守・交換

使用上のご注意

  • 1. 設定条件を越える使用をしない

    設定条件を越える使用・目的外の利用は、キャスターに想定外の負担をかけ、変形・破損の原因となり、腐蝕を促し物性を変化させ、強度を低下させる原因となりますので避けて下さい。

    • 荷重限度を越えて使用しないで下さい。
    • 段差のある面で落下させたり衝撃を加えないで下さい。
    • 動力による牽引や機械の一部として使用するなど、定められた用途以外では使用しないで下さい。
    • 高温室・冷凍室・スチーム室などの特別な環境や酸・アルカリなどの腐蝕性の強い環境、極端な油・水回りでご使用の際はそれらの影響を考慮して下さい。
    • ストーブなどの放射熱を受けるような場所に放置しないで下さい。
  • 2. ストッパーについて

    キャスターのストッパーは、気づかないうちに制動力が甘くなっていたり、他の衝撃で不意に解除することが考えられます。
    次のような使用は大変危険ですので避けて下さい。

    • ストッパーを掛けた状態で傾斜地に放置しないで下さい。
    • 怪我防止の為、ストッパーは靴を履いた足で踏み込んで操作して下さい。

    以下の使用は、制動部品の変形の原因となりますのでやめて下さい。

    • ストッパーをかけたまま無理に動かさないで下さい。
    • 過度に踏み付けないで下さい。
    • ハンドルを金槌等で叩かないで下さい。
  • 3. 製品の改造について

    使用者の責任で製品を改造・組み換え・塗装することや溶接などの方法で取付けることについては責任が負えませんのでご了承下さい。

  • 4. 車輪選定について

    車輪は材質や使用環境により床面を汚染(マーキング)したり、損傷のおそれがあります。車輪選定の際は、詳細は各セールスブランチにお問い合わせ下さい。

点検・保守・交換

事故防止のため定期的な点検・保守・交換を行なって下さい。

  • 取付部・車軸部の締結に緩みが生じていないか点検し、異常がある場合は締結して下さい。
  • 旋回部・車軸部に注油を行なって下さい。異物が入って回転が悪くなっている場合は取り除いて下さい。
  • 車輪や金具にワレ・ガタが生じた場合は適宜新しいものに交換して下さい。
  • ストッパーの定期点検を行なって下さい。制動性能や動作に異状のある場合は新しいものに交換して下さい。

次のような使用は、 変形・摩耗・破損・劣化の原因になります。

  • 適正荷重を超えて使用しないこと

  • ストッパーの有無にかかわらず傾斜地に放置しないこと

    • キャスターのストッパーは、気づかないうちに制動が甘くなっていたり、他の衝撃で不意に解除することが考えられます
  • 段差のある面で落下させたり衝撃を加えないこと

    著しい凹凸面で使用しないこと

  • ストッパーをかけたまま無理に動かさないこと

  • 間欠的な人力による搬送以外に使用しないこと

    • トレーラーなど動力により牽引しないこと
    • 機械部品として長時間にわたり連続的に使用しないこと
  • ストッパーハンドルを金槌などで叩かないこと

  • 酸・アルカリ・塩分など特殊な刺激のある場所で使用しないこと。又、雨天に放置しないこと

  • ねじ式キャスターを取付けるときに旋回ストッパーをかけキャスターごと締めつけないこと

  • 冷蔵庫・高温庫・スチーム室など特殊な湿度、温度の場所で使用しないこと
    特にストーブなどの放射熱を直接受けるところに放置しないこと

  • ねじ式キャスターを取付けるときに過度に締めつけないこと