MENU

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • トピックス
  • カタログの請求

ストッパー詳細

いろいろな自在車と固定車の組み合わせ

自在車2輪+固定車2

いわゆる運搬台車の類で用いられる組み合わせです。自在車と固定車を前後に2輪ずつ組み合わせます。 その際、押手側に固定車を配置するのが一般的です。固定車により走行方向が安定するので、台車が左右にぶれにくくなります。

自在車4輪

ショッピングカート類・ベット類・機械下に取付ける場合、家具業者・引越業者が用いる平台車類、などに用いられる組み合わせです。 筐体の4隅に4輪とも自在車を仕組みます。4輪とも自在であるので、その場から思う方向に移動できる利便性があります。

自在車2輪+方向規制自在車2

物流機器類・医療ベット類では、狭い場所で自在に移動したいという場合と、部屋から部屋へ長い距離を移動したいという場合があるため、自在車を2輪、方向規制機能付きの自在車を2輪、組み合わせる場合があります。 方向規制機能付きの自在車は、レバー操作により、固定車になるため、長い距離の移動のときに走行方向を安定させます。

自在車2輪+固定車2輪+自在車2輪

6輪天びん台車は、筐体の4隅に自在車を配し、長手方向の間に2輪の固定車を組み合わせます。 中央の固定車が支点になる様にやや高く取付けるため「天びん」と呼ばれます。

移動している筐体に"ストッパー"をかける様な使い方をしたり、筐体を斜面に放置してストッパーで動きを止める様な使い方はしないで下さい。

ストッパーのタイプ

  • 車輪の回転のみロック

  • 旋回部と車輪の回転を同時ロック(トータルロック)