HAMMER CASTER PRODUCTS CATALOGUE No.51-3
15/388

弾性AADBBDD圧縮永久歪BBABBAA耐摩耗性BBAAACA耐候性CCABBAA耐油性(機械油)DDAAAAA耐ガソリンDDAAAAA耐水性BBACCBA耐有機溶剤DDACCAA耐熱性(℃)8070708580180120耐寒性(℃) -40-40-40-20-40-40-4013車輪の用途及び特性・特徴について車輪に使用されるタイヤ部の材質一般特性表●ゴム車●イモノ車●ナイロン車●フェノール車●MCナイロン車●エラストマー車●ウレタン車一般にベークライトと呼ばれる材質で表面硬度が高く厚肉成形が可能なためゴム・イモノ車輪同様古くから用いられている。耐乾熱性・耐圧縮性に優れている。(軸受け部材の関係により、耐熱仕様の場合は別途ご用命下さい。)常温環境にてゴムによく似た弾性を有する高機能熱可塑性エラストマーです。特徴としては、ゴムと同等の圧縮永久歪や反発性を有し、耐熱老化性、耐候性、耐油性、耐薬品性に優れている。鋳物と同じように原料を金型の中に流し込んで、重合させるモノマー注型ナイロンで、金属に代わる高機能性材料として幅広いさまざまなニーズに的確に対応することのできるエンジニアリングプラスチックとして高い評価を得ている。特徴としては、耐摩耗性、耐熱性、耐寒性、耐油性等に優れている。耐油性・耐摩耗性・低温特性に優れ、比較的種々な色調も得られる。比較的厚肉成形が可能で、且つ表面硬度も巾が広い事また床面の汚染等が少ないことから、多く使用されるようになりました。一般的に一番よく用いられる車輪である。表面硬度が低く弾性をもっているためクッション性を要求される場合には最適である。凹凸のある路面でも容易に走行し安定性がある。外観的に従来は黒が主流なるも近年他の色調(例えばグレー・ブラウン等)のものも用いられる様になり、屋内外を問わず使用されている。耐荷重性・耐熱性・耐寒性に優れているが車輪そのものの質量が大であり、また防錆処理を必要とする。走行時の騒音発生から最近は特殊分野の使用となる傾向がみられる。(軸受け部材の関係により、耐熱仕様の場合は別途ご用命下さい。)本来はイモノ車輪等の代替品として採用されたものでゴム、イモノ車輪よりは歴史の新しいものである。最近のプラスチックの進歩により、イモノ車輪等の短所を補う種類のものや、特殊なものも多く開発されている。耐熱性・耐薬品性・耐蝕性・耐摩耗性に優れ軽量である。厚肉成形は好ましくない。〔A→優、B→良、C→可、D→不可〕=使用温度や条件により、使用グリス(耐熱・耐寒)の変更が必要です。(注)材質のみの一般特性であるため、キャスターとなれば使用条件・環境等諸々の影響を受けるため、材質の選定あるいは判断の目安にして下さい。   薬品に触れる環境でご使用の場合、それぞれの薬品の影響を考慮する必要があります。詳しくはセールスブランチへお問い合わせ下さい。特性材質天然ゴムブタジェンゴムナイロンMCナイロンフェノールウレタン(熱可塑性)ウレタン(熱硬化性)13

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る